民芸食事 寿々や 高山

寿々や紹介


特徴

民芸食事の店「寿々や」は古い伝統が生んだ飛騨高山の堅牢で無駄のない健康的な美しさを建築様式に縮尺して建てました。

それは飛騨高山をおとずれて下さいましたお客様に手近に見て頂きまた雰囲気を味わっていただきたいためでございます。

飛騨の山の幸、河野幸を取り入れた「山菜定食」や「山菜みそ鍋」香り豊かな「朴葉みそステーキ」、最高級飛騨牛の「しゃぶしゃぶ」「炭火あみ焼き」「すきやき」等、飛騨の味を十分お楽しみ頂けますよう、皆様のお立ち寄りを心からお待ちしております。


外観



寿々や外観 古民家を利用して皆様に親しんでいただける様な構えにしております。当初は焼き味噌、山菜料理、しゃぶしゃぶから始まりました。
創業昭和41年〜
内観
寿々や内観
畳をベンチ式に仕立てた席と飛騨の木材を使用した椅子席を基調としたオープンカフェ形式で、34席ございます。
(入口方向から撮影)


座席について
個別テーブル
畳のベンチシート席4名様がご利用になる事が
出来ます。


内観(別角度から撮影)
内観反対側から撮影
座敷方面より撮影しております。

座敷
座敷(掘りごたつ) 掘りごたつ形態で20名様がお座りになる事が出来ます。
人数が多い場合は堀を埋めて座敷にすることも可能です。
20名〜28名

小上がり
小上がり(畳席) 店内の一角にある小座敷で6名様がご利用になる事が出来ます。
靴を脱いで休みたい方、お子様連れのお客様、外国人観光客様に人気がございます。